FFW - 2006-01

Home > Archives > 2006-01

2006-01

Love at first sight 12


次の日に、彼は、Aちゃんを涼しい所?に誘いました。なんの迷いもなく彼女は”はい”と言いました。この時彼女の彼との関係は、より強いものとなりました。彼女は、自分自身を彼に見せました。彼は仕事が忙しくて、お店に来るのはたまにだけれども、毎日彼らの間には、コミニケーションがありました。Aちゃんは彼を理解していて、毎日お店に来る事を強要しませんでした。Aちゃんは、彼が時間が有ればお店に来るのを待っています。 END

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょいエロオヤジへ クリックお願いします (^o^)v 

Love at first sight 11


今彼はレストランへの道を運転しています...彼女は、彼をまっすぐに見ることが出来ません。彼女の人生の中で、このような感情を持つのは初めてです。彼らがレストランに着きました。彼らの為に、レストランのドアが開きました。そこのスタッフが丁寧に挨拶しました。かれは、メニューをみてオーダーしました。暫くして、彼女は我慢できなくなりました。彼に話しかけました。食事はすでに運ばれてきて、食べている所でした。彼らは、会話を楽しみました。興味ある事、話したい事、信じていること、色々な話題を共有しました。彼女は、彼と大変楽しい時間を過ごしました。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょいエロオヤジへ クリックお願いします (^o^)v 

こんな渡比のスタイルは?

  • 2006-01-10 (Tue)
  • Pub

ある日本人が、フィリピンで結婚式を挙げるために、親父様、兄様を引き連れてマニラに向かいました。本人以外は初めての海外がフィリピンであり、フィリピンパブとはまったく縁のなかった方々です。親父様に至っては、もう70歳を超えられています。

無事結婚式を挙げました。付き添いの2人は、場を盛り上げる為に、ダンス、歌を陽気にご披露です。その時かなり2人のテンションは上がっていました。

新郎は少し疲れ気味です。新郎の疲れをよそに、残る二人は何故か元気です。新婦をガイドに、夜の街に繰り出しました。その頃新郎は、ホテルで1人です。

まずは、ロハス大通り沿いの、レストランでフィリピン料理を食べました。安い割りに、美味しい。2人の感想です。その後、お決まりのショーパブへ...裸で女の子が踊っています。彼らのテーブルにその娘達が座ります。さすがにテイクアウトはしませんでしたが、そんな店を梯子して、楽しみました。毎晩そのような感じです。

彼らは、新婦に6月にまた来るから宜しくと言い残して帰国しました。

少々、ボラレてもこういう遊び方が一番楽しいのかなとも思いました。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょいエロオヤジへ クリックお願いします (^o^)v 

Home > Archives > 2006-01

Calendar
« January 2006 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Links
Feeds
Meta
南の島から来た天使 フィリピーナの風に流されて

Return to page top